レンタルサーバー比較・サーチエンジン

| HOME | バックボーン |
| MEMU
ココがポイント
| 個別検索
月額料金
お試し・返金保証
ドメイン取得無料
ディスク容量
サブドメイン可能
年間予算
| その他
ドメイン業者と価格
掲載企業一覧
| 付録
用語解説
◆ バックボーン
| 定義 
 通信事業者間を結ぶ大容量の基幹通信回線。インターネットサービスプロバイダ内の接続拠点間を結ぶ回線や、プロバイダと他のプロバイダやIX(事業者間相互接続ポイント)を結ぶ回線のこと。
 光ファイバーを用いたNTTの専用線サービスが用いられているが、特に大容量での接続が求められる大手プロバイダとIX間の接続など、基幹部の接続にはGigabit EthernetなどのLANが使われていることもある。
 インターネット接続を行なう家庭の増加や高速通信の普及に対応するため、各プロバイダのバックボーンは頻繁に増強されている。[ IT用語辞典より ]
| バックボーンが大きい=速度が早い?
 共用サーバーの場合、1つのサーバーを何人かで共用する訳です。その共有者の中で、著しく負荷のかかるCGIを実行していたり、人気サイトがあり、アクセス数が異常に多いとサーバーの処理が遅くなる。よってどんなに大きなバックボーンでも使用している肝心のサーバーが忙しく処理が遅ければレスポンスが変わってしまう訳です。
 これに対し、サーバー側では1台のサーバー人数を制限したり、著しく負荷をかけるサイトに対し、プラン変更や専用サーバーを勧めたり、制限をかけたりする事で、問題を回避しているようです。
| 海外サーバーだから遅い
 確かに有り得る事ですが、全てとは言えません。これは海外のサーバーまでの回線がどれくらいの分岐ポイントが有るか、回線の太さ、回線の詰め込みなどによって決まります。国内にあっても上記を下回るようでは逆にスムーズに海外接続している回線の方が早い事もあります。
 又、海外の施設にサーバーを置いた方が、コストが比較的安く済むと言われております。よって共用であるサーバーの定員を少なく設定する事によって快適なレスポンスを保つ事もできます。
| 結論
 国内データセンターにサバーを置き、大容量回線を使用している場合、レスポンスが悪い事は数字上はない事になります。確立上は正しい事と言えます。でも、上記の事から考えて、共用サーバーを使用している限り、確実な保証は無いと言うことになります。無責任なようですが、これが現実なのです。
※時間帯によって多少レスポンスが悪くなるサーバーが契約中のサーバーにありますが、得にストレスは感じていません。
←BACK
↑TOP
Copyright (C) Web-Creation All Rights Reserved.